30代の女性の転職|諦めて妥協したら会社の思うツボ




ずーっと同じ会社で
働いていると

なんとなくマンネリしてきたり。
嫌な事を我慢するのにも
疲れてきたり。

 

特に今の会社が
好きな訳ではないし。

 

10年先も同じことを
しているのかと思うと
先が見えないし。

 

今すぐ辞めたい
不満もないけど
毎日、楽しくもない。

 

そんな事思った事
ないですか?

 

でも、もう30代だし。

転職にはずいぶん
不利なんだろうなぁ。

 

そう思っている人、
いませんか?

 

私が働いている
美容業界には

そんなキャリアを積んだ女性が
たくさんいました。

 

ある一人の女性の
独身、結婚の予定なしという
悩める実話を
ご紹介します。

 

仕事辞めたいです。30代です。女です。独身です。

30代女性の転職は不利なのかと不安になる。

美容業界で働く女性にとって
30代に入ってからの転職

というと

難しさを
感じるかもしれない。

 

美容業界といえば
ほとんどの場合

土日は出勤。
夜も遅くまで仕事。

まとまった休みも取りにくい。

 

私は、40歳手前で
独立のため
勤務していた美容の会社を
辞めました。

 

私が独立してから
しばらくして…。

元部下で、エステティシャンの
美鈴(仮名)という子から
急にラインがありました。

 

美鈴
辞めたいな、って思うことあるけど、踏み切れないんです。
( ,,`・ω・´)ンンン?何か、あった?
美鈴
仕事の内容も、ずーっと変わらないし。
お給料も上がらないし。
ちょっとずつ体力もなくなってくるし。

10年先も同じかなーと思ったら…。

何か変えたいなと思って。

確かに。エステティシャンは体力勝負だから、ちょっとキツイかも。
美鈴
一応、店長やらせてもらってるけど。
後輩の中には、マネージャーになって私より出世した人もいるし。
あ、それ精神的にキツイね。

 

美鈴
しかも、1人じゃなくて…。

後輩2人が先に出世しちゃいました。

転職したいなら、早い方がいいんじゃない?
美鈴
そうなんです。

でも勇気がなくて。

私が20代なら、転職するかも。
でもアラフォーだし、今より条件が悪くなるなら、このままの方がいいかなと思って。

 

美鈴の気持ちは、
痛いほどわかった。

 

不安。心配。仕事頑張ってきて、ふと立ち止まってみる。

私が会社を辞めて
独立したのも

同じような理由からだ。

 

何となく、先が見えない。

 

退職金もボーナスもない。

そんな会社で
働いていて、

昇給も全然なかった。

 

ちょっとずつ社内政治にも
疲れ始める。

たまには、まとまった
休みも欲しいと思う。

 

このままでいいのだろうか。
このままでいいのだろうか。
このままでいいのだろうか。

 

・・・いや、良い訳がない。

 

36歳になったとき、

「40歳までには
新しい人生を始めたい。」

 

そう思った私は、

退職するしか選択肢がなかった。

 

 

そんな私も、決断から
退職まで2年かかった。

 

 

 

 

 

美鈴
後輩が2人も出世して。
私は、5年も店長のままで。

多分、5年経っても変わらないですよねぇ。

 

美鈴は、働いて10年以上の
キャリアがある。

 

女性が第一線で活躍する
美容業界には

男性と同じように
転勤もある。

 

美鈴も、私も

何度か転勤をしていた。

 

年齢を重ねていくうち、
同僚たちの中には
結婚するものもいる。

出産するものもいる。

 

結婚、出産すると
転勤なんて、まず無理だから。

転勤や、長期出張は
独身キャリア組の
役回りになる。

 

なかには、転勤のせいで
彼氏と遠距離恋愛に
なるものもいた。

 

そして、婚期をのがし、
出産をしないまま
30代も後半になった。

 

しかし。。。

 

肝心な仕事で
思うように出世してない。
稼いでない。
やりがいがない。
充実してない。

そんなアラフォー女性が
美容業界には
多いもの事実だった。

 

 

「出世もしない。」
「後輩に抜かれる。」
「お給料も上がらない。」

 

そうなってしまうと、

ある戦いが始まる。

 

その戦いとは・・・

 

マンネリ化との闘いだ。

 

マンネリと将来の不安を隠し、
愚直に働いても・・・

 

何となく、自分が

お局と思われているのがわかる。
年下の上司がやりにくそうなのがわかる。

 

会社の飲み会がだんだん
嫌になってくる。

 

「ゆとり世代は、気も聞かない。」

なんてイライラしてくる
自分が嫌になる。

 

 

気がつくと。。。

お局仲間同士で
固まって飲んでいる。 

 

男子が参加する飲み会には
誘われなくなる。

 

はぁ~~(*´Д`)!!!

 

ストレス発散したいよ!

 

ああ、でもマンネリの毎日は
続いていく…。

 

アラフォー女性の仕事ぶりは、会社から見てどんな感じ?

アラフォー女子の仕事は会社からはどう見られてるのか

一方、会社から見た
アラフォー・ベテランの
女性スタッフって
どんな感じなんだろう?

 

 

現実は。。。

本当に
残酷なんです。

 

はっきり言って
お局の存在は
会社にとっても
エースではなくなっている。

 

野球で言うと、

代打のバッター。
コーチ兼選手。

 

そんなところだ。

 

いくら給料が安い
といっても

20代のエステティシャンに比べると
40代のベテランには
高い給料を払っている。

 

40代のスタッフって・・・

私は30代後半の時の自分を
振り返ってみると
こんな風に見える。

・給料はそれなりに高い。
・新入社員ほど素直にもなれない。
・時には上司に言いたい事も言う。
・仕事も慣れているので、がむしゃらに頑張らない。
・どんどん成長していたのは昔の話。

ああ、私
こんなアラフォー社員だったな。

 

会社が20代のスタッフへの
心配事は

「結婚、出産して
いつ辞めるかわからない。」

 

アラフォーのスタッフへの
心配事は

「いつまでいるんだろう。」

 

 

そう、美容業界は
女性が活躍する世界の中でも

若い女性が重宝される。

そんな世界なのだ。

 

 

では、会社からすると

アラフォーの社員は
さっさと辞めて欲しい
存在なのか。

 

それが。。

 

意外とそうでもないのだ。

 

 

特に

「マンネリしてる。

でも年齢が気になって
退職も出来ない。」

 

そんなスタッフは
会社からすると
思うつぼだったりする。

 

悩める30代の気持ちをもてあそぶ・・・ある男性幹部の衝撃の発言

私は、美鈴にある男の話を
教えてあげた。

 

その男は、
美鈴にとっては
上司になる男。

私の昔の同僚で
大嫌いな男がいた。

 

実力もないのに
大きな顔で
エステティシャンの人事にも
口を出してくるから

大嫌いだった。

 

 

当時、私は
エステの部門で
人事も決定するような
仕事をしていた。

 

人事の話になったとき。。。

私の大嫌いな男は
こんな風に言った。

 

以下、男の発言。。。

 

うちの会社って、
創業して長くなってきたから
30代のエステティシャン
増えてきたじゃん?

 

 

あいつらさぁ、
30(歳)も超えてるから

ウチ(の会社)を
辞めるにも辞めれないのよ。

 

どんなに条件が厳しくても
(今の会社で)
走り続けるしかないじゃん?

 

そういうスタッフは
そういうスタッフなりの
使い方があるんだよ。

 

厳しい現場に若い子
回したら(異動させたら)
すぐに辞めちゃうでしょ。

 

夜遅い勤務とか
土日の勤務とか
めっちゃ忙しい店とかは

バンバン古い子を
配属してさぁ、

耐えてもらったらいいんだよ。

。。。男の発言、ここまで。

 

 

 

おおー!

これが会社の本音かよっ!!!

 

悩めるアラフォーの気持ちを
完全に利用している。

 

「仕事を辞めたい
転職したい。

 

だけど、30代だし
難しいだろうな。

 

独身だから、
私、働くしかないし。」

って悩んでることを
見抜いたうえで
都合よく使おうって、

血も涙もねーな!

 

美鈴、こんな男のいる会社で働いてるんだよ。
美鈴

怖っ(*´Д`)でも、当たってる。

走るしかないって思ってる。

 

 

辞めたいけど、
転職に不安があるから
辞められない。
 ☟
今の仕事を頑張る。
 ☟
辞められないのをわかって、
会社は都合よく
厳しい仕事を回してくる。
 ☟
更に頑張る
 ☟
自らがブラック企業となる。

1人ブラック企業の
誕生となる。

 

いやだ!そんなのいやだ!

 

美鈴
転職、上手くいくかな?

何とかなるよ~
私も何とかなったよ。

セルフイメージを
高く持つことだよ。

自分はすげえ!素晴らしい
って美鈴自身が
自分のことを思えたら

自分のことを
粗末に扱う会社で
働けるか?

無理だよね。

 

(・ω・)(-ω-)(・ω・)(-ω-)ウンウン♪

美鈴はわかってくれたかなぁ。

 

アラフォーがチャレンジして
何が悪いっ!?

 

同じ人生なら
チャレンジあり。