未経験からのサロン開業|エステに就職すれば必要な技術が身につく?




「エステシャン、セラピストとしての
経験は全くゼロ。

だけど、自宅で出来る
ビジネスを始めたいので
これから、マッサージや
フェイシャルの技術を
身につけたい。」

 

そう思われている方も
多いですね。

 

私がコンサルタントを
していた頃も

何度も未経験の方から

「一度、エステの会社に就職して
技術が身についたら
自宅でサロンをやりたい。」

という相談をうけました。

 

その方法は、うまくいくのでしょうか。

記事にまとめました。

サロン開業を目的に、エステの会社に就職するってアリ?

未経験からのサロン開業

 

現在、まったく技術をお持ちでない方、
エステティシャン未経験の方が
技術を習得したい。

 

そう思った時、思いつく方法は
いくつかありますね。

 

 

ひとつは、スクールに通う事。

今は、通信教育でも
学ぶことが出来ますし
個人サロンのオーナーが
開催されている
学びやすいスクールもあります。

 

もうひとつ。

これから技術を習得したい方から
「こんなのどうですか?」

と提案される方法が

「一旦、エステの会社に就職して
働きながら技術を学ぶ。

技術を習得したら
独立して、自宅でサロンを開業。」

です。

 

私が今まで相談を受けた
未経験からのサロン開業ご希望の方は

「スクールに行って学ぶ。」

 

というより

 

「働きながら技術を学ぶ。」

という方法を希望される方が
圧倒的に多いです。

 

 

「エステの会社に就職し、
働きながら技術を学ぶ。」

という方法を思いつく方に
どうしてかと聞くと

ほとんどのケース
金銭的な事が理由です。

 

スクールに通う

技術が学べる

お金がかかる

となります。

 

これが、エステの会社に就職すると

エステの会社に就職

技術が学べる

お金がもらえる

 

となるわけです。

 

「お金がもらえる。」

これ、魅力的ですよね。

 

だって、サロン開業したい
夢があっても、
日々の生活や支払いもある。

誰だって、そうです。

収入をなくすわけにはいかない。

だからこそエステの会社に
就職することで
金銭面の解決策となる。

 

目先の生活費は
確保は、大事です。

 

 

サロン開業のための知識の技術は、会社で学べるのか

未経験からのサロン開業

では、肝心な
「サロン開業のために必要な
技術や知識を学ぶ。」

ということは、達成できるのでしょうか。

 

この記事では、私が思う
結論をいきなり言っちゃいます。

 

後のサロン開業を目的に
エステの会社に就職しても
はっきり言って、
上手くいきません。

 

ただ、いずれ独立したい
と思うこと全てが
悪い事だとは言いません。

 

就職してから
エステティシャンとして学び、
一人前になった頃に
いずれ独立したい。

そういう想いは
新卒のエステティシャンでも
抱くひとつの夢です。

その夢を果たし、
後に会社勤務を卒業し
オーナーとなるストーリーは
王道だと思います。

 

今回、私が
「上手くいかない」と
指摘するのは

 

短期間、スクールに通う感覚で
エステの会社に就職しようと
することです。

 

私は、過去
エステティックの会社には
2社勤務した経験があります。

当時はキャリアも長かったので
新人研修や、技術研修も
担当していました。

 

また、コンサルタントになってからも
大手サロンの研修や教育から
小さなサロンの面接等にも
関わってきました。

数々の会社、サロンの
新人研修を見てきた私が
知っていること。

 

それは、どの会社の
研修でも新人に
教えていくのは、共通して

「会社で働いてもらうのに
必要な技術の知識。」

それだけです。

 

美容機器を使うメニューがあれば
機械の使い方を
覚えてもらいます。

もちろん、ハンドで行う
メニューがあれば
研修は行いますが。

あくまでも会社で使用する
メニューの工程が
上手くできるように
してもらう研修です。

 

では、ハンドを中心とした
リラクサロンに就職をしたら
たくさん技術が身につくのでは。

そう思うかもしれませんが
エステの会社もリラクの会社も
会社の想いは同じです。

 

「研修する側」の会社の目的は
いずれ、会社の戦力となってもらうこと。

あなたが独立するために
役に立つ知識を
くれるわけではありません。

 

 

エステの会社で働くこととオーナーになる事って、違う

未経験からのサロン開業

ここで一度、技術とは
別の話をしましょう。

 

私自身が独立した時、
一番衝撃だったことがあります。

 

それは、会社員時代の経験は
全く役にたたないってこと。

 

しかも私は、2~3年勤務して
独立したわけでは
ないのです。

 

20年ですよ!
20年勤務して独立したんです。

 

20年という時間が
無駄だったって事は
ないんです。

 

とにかく

「経営することと」
「会社に勤務すること」が
ここまで違うのか、と
思い知らされました。

 

美容業界という
ひとつの業界であっても
全くの別物なのです。

 

いや、やっぱり
経営って大変…。

と痛いほど感じた事の
ひとつが「技術」です。

 

「マニュアルにまとめられた
技術を覚えること。」

これが、会社員時代にやること。

 

「自分が技術を開発し
グレードアップし続けること。」

これが、オーナーになったらすること。

 

「マニュアルを覚える」と
「技術を開発する」は
別物です。

 

大きなサロンでは
サロンの店長、マネージャーなど
役職のついた人は大勢いますが

「技術・メニュー開発」は、
限られた少人数だけで
作られていることが多い。

 

中には、社内の技術を
全て1人の人が監修している
なんてところもあります。

 

また、別の会社では
全国で20店舗以上の
サロンがあるのに
技術開発は出来ない。

だから、外部のスクールに
お金を払って技術の
研修をしてもらっている、

そんな会社もありました。

 

そりゃそうです。

メニューの開発方法って
会社の命ともなること。

簡単に種明かしはしません。

 

また、会社を退職するときには
技術や知識のマニュアルは
会社に返さなければいけません。

 

厳しい会社になると
研修で使用していた
ノートまで、目の前で
シュレッダーにかけさせる。

 

そんなところもありましたよ。

 

サロンオーナーを夢見て
頑張っているあなただから、
エステに就職したら、
きっとステキなエステティシャンに
なられると思うのです。

 

でも、就職して社内研修の
先に待っているのは
サロンオーナーではない。

会社での出世の道なんです。

 

毎月の収入を考えると、就職が一番って方へ

未経験からのサロン開業

でも、収入の面を考えても
エステの会社に就職するのが
一番なんだけどな…。

 

そういう事情の方。

まずは、エステティシャンとして
一人前になるまでは
会社で頑張る!

 

と考えて就職するのは
私も賛成します。

エステティシャンや
セラピストという仕事を
体験してみることは
サロン開業に直結します。

 

スクール感覚で就職せず、
修行のつもりで!

あくまでの修行です。

 

 

間違っても、

就職する

技術を学ぶ

学んだ技術をそのまんま、あなたのサロンのメニューにして独立

こんなストーリーだけは
やめてくださいね。

 

ここで、私の知っている
最悪の実話をひとつ
紹介しておきます。

 

未経験ではなく
ある程度キャリアのあった人。

サロンを開業したのに
集客がかからず
困ってしまいました。

集客の目玉となる
新しいメニューが
欲しいと考えました。

 

そこで、たまたま
あるエステサロンが
スタッフ募集をしているのを
発見します。

 

そこに入社して
メニューを盗もうと
考えました。

 

入社し、マニュアルを手にしたら
無断欠勤してしまいました。

 

そして、まんまと
自分のサロンのメニューに
取り入れたのです。

 

でも、バレちゃいました。

この業界は狭いし、
ネット検索だって出来る。

裁判になるかどうかの
大問題になってましたよ。

 

あなたがエステの会社に
就職したら
きっとステキなエステティシャンに
なれるはず。

 

一生懸命働いてください。

 

癒しや美をお客様に与えることが
あなたの生涯の仕事に
なりえるかどうか。

あなた自身を試す
良い期間になるでしょう。

 

そして、サロンオーナーという
ゴールに早くたどり着きたいなら
会社から教えられる物と別に
たくさん勉強してください。

 

お金は無駄遣いせず、
サロン開業の資金への貯金と
自分への投資に回してください。

 

学ぶのにイチオシは
ケイコとマナブ.net

私は、薬膳コーディネーターを
勉強しました。

 

ちゃんと修了書も
いただけました。

 

美容・エステに関する資格

ありますよ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA