目標達成に向けて、本はこれに限る!




こんにちは

ビジネスをしていると

目標を立てて、
達成をする

ということに
嫌でも遭遇します

この本は、目標達成とは?
ということが

わかりやすく、そして
科学的に書いてあります

 

目標達成するには、モチベーションを高くたもつことが大事?

ビジネスで成果を
上げることで

よくある思い込みで

「モチベーションを常に高く保つ事こそが目標達成につながる」

というものがあります

この本を読むと
いきなり書いてあるのが

「目標達成に
 モチベーションは必要ない」

です

 

「目標を達成する」
ということを
想像してください

例えば、
「目標を達成出来ますか?」

と誰かに聞かれた場合

あなたは、何と答えますか?

ほとんどの場合、

「全力を尽くします」とか
「やるだけやってみます」とか
そんな回答を
するのでは、ないでしょうか?

「あ、出来ますよ」
と当たり前のように
答える人は少ないでしょう

 

では、質問を変えて

「3日後に、大阪駅で
 15時に待ち合わせ
 出来ますか?」

と聞かれた場合

ほとんどの方が

「はい、出来ますよ」

と答えるでしょう

それは、なぜですか?

モチベーションが
高いからですか?

答えは、「No」ですよね

大阪まで移動する手段を
知っているからですね

飛行機で行く
もしダメなら新幹線
最悪、夜行バス
いざとなったら車でも

いくらでも方法があります

ということは、やはり
目標達成と
モチベーションは
関係ないのです

ビジネスにおいて、「目標達成」がルーティンになるほど強力なことはない

会社組織の中では

「毎回、目標を達成する人」
「いつも目標を達成できない人」

に分かれてしまいます

達成する人と
達成しない人

その差はいったい
何なのか?を

前置きは長くなりましたが
この本に書かれている
内容を実行することで

「目標を達成すること」が

まるで

「電車に乗って目的地に行く」

ように、出来るようになるのです

想像してみてください

ビジネスをしていると
「ここが勝負!」

という場面が
何度も何度も巡ってきます

昇進のかかった商談
社運のかかったプロジェクト

個人事業主の方であれば
売上目標を達成することは
収入アップに直結
することです

予算に到達しないことが
続けば、当然ですが
会社の倒産にもなります

「勝負は運次第・・・」

という不安がなく

毎回、当たり前のように
目標をクリアしたい・・・

それは、会社勤務の方も
個人事業主の方も
願う事だと思います

まず、この本を読んでみてください

目標達成を当たり前にするには、段階がある

もうひとつ、この本の
魅力的なところは

現在のあなたの
段階に合わせて

「どのように頑張ったらよいか」

が書かれています

人には、誰でも
「頑張った方が良い時期」

があります

そして、同じように

「頑張ってはいけない時期」

があるのです

「頑張ってはいけない時期」

に無理をしてしまうと

まるで
「修理の必要な電気製品を
 使い続けてしまう」

ような無理と似ています

修理が必要なのに
使い続けた冷蔵庫は、
どうなると思いますか?

二度と、冷たい空気を
作れないかもしれません

もしかしたら、火を
拭いてしまうかもしれません

その、火を噴いた冷蔵庫を
「あなた自身」
に例えてみてください

恐くないですか?

今のあなたは、どの
段階にいるのか?

それも本書には
わかりやすく
書いてあります

私は、特にこの本を
販売をされている方に
強く進めてきました

「販売こそ、お客様次第で
 自分だけでは
 どうにもならないものでは?」

と言われることもありました

でも、考えてみてください

大阪に行くのだって
公共の交通機関次第
なのです

販売だって同じです

何も違いはありません

立場によって
「目標達成」の仕方は
全然違うでしょう

同じ著者、
横山信弘さんの
別の本も
紹介しておきます

ぜひ、あなたに
ピッタリな一冊を
選んでくださいね

 

 

 

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA