起業したい人に、まずは読んで欲しい一冊|週4時間だけ働く




こんにちは

この本を紹介すると・・・

「え!?
 これですか?」

と言われる一冊です

起業したとき、最初に概念を変えるべきこととは!?

この本を読むきっかけは
尊敬するビジネスマンが
読んでいたからです

サラリーマンを経て
個人事業主など
経営者になると

働く事の常識が
一気に変わります

例えば、経営者だと
1ヶ月に1日しか
仕事をしなくても
利益がきちんと出れば
OKですよね

ですが、サラリーマンでは
そのような働き方は
許されません

余談ですが、私自身も
たまに、お取引先から

「毎週何曜日がお休みですか?」
「本日は、何時頃
 事務所にいらっしゃいますか?」

と質問されて
回答に困る事があります

定期的なスケジュールを
聞かれても、
サラリーマンのような
ルーティンがないのです

最初は、その習慣に
全然慣れなくて、
長時間、仕事をしていることで
安心感を覚えていました

その習慣と、時間に関する概念を
変えなければいけません

起業家にとって、一番限られた資源とは何か?

起業家にとって
一番限られている資源は

あなた自身の時間だからです

働く時間が長いことと
利益が上がる事は
必ずしも同じではない、

という事を徹底して
叩き込むのです

その時に、非常に
役に立ったのが
この一冊でした

具体的な例を挙げると

まずは、ダラダラと
メールチェックをすること

いつでも電話に出られる
体制を作る事

それを辞めることから
始まったりします

最も限られた資源である
時間を効率的に使うには

メールチェックをする時間も
電話で通話する時間も
全て、資源を使っていると
考えるわけです

そうすると、
効率的に使いたいと
考えるようになるのですね

長時間労働から抜け出すことは、サラリーマンでも出来る

そして、著者の
ティモシーフェリスは

この方法を、起業家だけでなく
企業で働くサラリーマンにも
当てはめています

サラリーマンでも
週4時間だけ
働く事なんて
出来るのだろうか?

そう思うのですが、
この本の中では

上司との交渉の仕方まで
掲載されていました(笑)

いや、すごい実践的・・・

余談ですが、
私が恩師から教わった言葉に

「成果は努力に比例しない
 覚悟に比例する」

というものがあります

周りの人から見て

「とんとん拍子」

と思える人は
必ず、この

「覚悟をする」とか
「勇気を出す」などを
実践しています

タレントの武井壮さん、
ご存じですか?

あの人は、タレントとして
経験は長くありません

むしろ、スポーツ選手として
別の生活を歩んでいました

あの人が、なぜ
芸能界に入れたのか?

スポーツバーで
犬用のガムを噛んでいたところを
芸能人の目に留まり、

「こいつ、面白い!」

ってなったんですよね

これが、まさに
リアル版の
「努力より勇気と覚悟」www

なぜ、私が
こんな話をしたかというと

この本の中には
「勇気を出す方法」も
かなり具体的に書かれています

著者のティモシーフェリスが
大学で講義を行った時

生徒にこの
「勇気を出す方法」を
実践しなさい、そしたら
素晴らしい商品を上げる

と言ったのですが・・・

実践出来た人は、なんと
0人だったそうです!

それくらい、勇気を出すって
難しいんですよwww

それを超えた先に
週4時間だけ働いても
生活が出来る・・・

という毎日が
待っているのですね

起業家、経営者の方だけでなく
会社に勤務されている方にも

おすすめしたい一冊です

スポンサーリンク

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA