サロン開業の成功の基準|売上や予約件数の目安はあるの?




私がサロン経営のコンサルタントを
していた頃の話です。

 

 

 

初対面のオーナー様から
必ずと言っていいほど
質問されることがあるんです。

 

その質問とは・・・

 

「サロン経営が成功したって
いえる売上とか予約件数とか
基準はありますか?」

 

という事でした。

 

そうか! 確かに
経営者になって浅いのだから
基準はわからないかも。

 

「サロン経営の成功の基準って、どこ?」

この記事ではこの
「サロン経営の成功って
いったいどのくらい?」

 

ということについて
考えてみます。

サロンオーナーのスタートは、ゴールを決める所から

サロン経営に悩む起業家女子

 

「サロン経営の成功の基準は?」

 

いきなり結論から言います。

 

成功の基準とは、何?

・予約満員?
・売上50万以上?
・自宅サロンから店舗にランクアップ?

 

 

私が定義する
「サロン経営の成功は」
どれでもありません。

 

 

私が思うことは
「成功の基準は、オーナー様自信が決めること。」

です。

 

 

具体的に言うと

「私がサロン経営をする目的は
少しだけ家計の足しにしたいので
利益が3万円です。」

 

ということなら、
毎月3万円の売上が
あなたのサロン経営の
大成功ですよ。

 

でも、

「私は絶対に、多店舗展開して
スタッフも雇いたい!」

という目標があれば
あなたの予約が常に満員になるだけでは
まだ成功とは言えない。

 

ですよね。

 

 

質問の仕方をかえると

「あなたのサロンが
ゴールとしたいところは、どこですか?」

 

「そのゴールは、オーナーの
あなたが決めていいんですよ。」

ということ。

 

 

 

 

話を少し、元に戻します。

 

私は、オーナー様が
「サロン経営で成功といえるラインはどこ?」

 

という質問をしてこられるのか
理由がわからなかったんです。

 

質問をしてこられた
オーナー様全員に

「なぜ、そんな質問をされるのですか?」

 

と聞いてみました。

 

 

そしたら、回答はみんな同じ。

 

「今は

『女性起業家のためのセミナー』とか
『サロン経営成功セミナー』
『起業家女子のお茶会』
『サロネーゼランチ会』

とか、サロン経営について
学ぶ機会がたくさんあんです。

 

起業家女子会に参加するたび

「来週も予約がいっぱい~」
「売り上げは、最高更新した!」

 

という話をする人がいるんです。

だから、やっぱり
目標は高い方が良いのかと思って…。」

 

という理由でした。

 

 

なるほど!

「サロン経営のゴールはどこ?」

と聞いてこられた原因は

 

周りにいる起業家女子たちの
発言や実績が気になっていたのね。

 

キラキラ起業家女子の
仲間でいるためには
成功基準をクリアしなきゃ!

 

と思っていたのね。

 

でも、起業家女子のお茶会では
「具体的な予約の数」とか
「昨日の売上」とか
聞けない物ね。

 

 

確かに・・・

 

サロンオーナーらしき人の
Facebookを覗いてみたら

 

「毎月、100万を売り上げるサロンの
〇〇先生とランチ!」

とか書いてある。

オーナー様同士が
SNSでコミュニケーションも
取る事が出来る時代ですものね。

 

 

友達申請とかも
積極的なオーナー様も
いらっしゃいますしね。

 

 

新米オーナーにとって
気になる存在は
先輩起業家女子だけじゃない。

 

 

有名なサロン経営の
コンサルタントも
SNSで発信してますね。

 

「予約が超満員になる方法」
「オープン3か月で売り上げが50万超える方法」

 

とか、教えてくれるらしい。

 

 

 

オーナー様同士の間では

『売上がたくさん出ている』
『予約が満員』
『新規が止まらない』

という話だけが
成功だとしてSNSで紹介される。

 

だから、

「私だって、売上50万やらなくちゃ。」
「予約をどうしたら満員に出来るの。」

 

とか思うんですよね。

 

そして、具体的な成功のゴールを
先輩オーナーに
聞いてみたい。

 

なるほど。

 

自らが決め、決断するのがオーナーである!

サロン経営に悩む起業家女子

周りのオーナーとの比較。
コンサルタントのあおり。

 

気になります。

すっごい気持ちわかります。

 

でも、周りの人の事
全然気にしなくていいんですよ。

 

 

起業家のゴールって
セミナー講師や
コンサルタントが
決めるものじゃないんですよ。

 

オーナーである、あなたが
決めていいんです。
(きっぱり)

 

もし、あなたのサロンのゴールが

 

「家族との時間を大切にしながら
10万くらい稼げたらいいな」

 

だったとします。

 

そしたら、

「予約がいっぱいになる」

ましてや

「土日や夜まで
予約がいっぱいで…。」

 

という現象は、
不幸でしかないでしょ。

 

 

あなたの目指すゴールを
達成する方法だけを
考えたらいいんです。

 

 

でも、常に周りには
「売り上げは高い方がいい」

 

とあおる人もいるから。

 

私が、以前コンサルタントを
お願いされた、ある
自宅サロンのオーナーの話があります。

 

そのオーナーは、コツコツと
地道な集客で
リピーターもしっかりと
ついている方でした。

 

特に困っていることもなさそう。

 

なのに、なぜ
私に相談を・・・?

と思うほどでした。

そのステキなオーナー様は
ご自分のことを

 

 

「私なんて・・・
夜は、サロンを営業する予定ないし。
成功しているうちに入らないんです。」

 

と仕切りに言われていた。

 

私が、

「なぜ、そんな事を思うのか?」

聞いてみたところ、

別のサロンのオーナー様から

「夜働く気がないなんて、
単なる甘ちゃんだよ。」

 

と指摘を受けたとのことでした。

 

 

すっげ―余計なお世話。
いらないアドバイス。

 

私は、言いました。

 

「サロンの経営に全責任を
追うのは、あなたなんです。

 

あなたの事を「甘ちゃん」
と言っていいのは、
あなただけです。

 

私のアドバイスはたったひとつ。

 

「甘ちゃん」と言われたことを
忘れましょう。

 

だってね、

 

その自宅サロンのオーナー様、

元々のサロン開業の目標が

 

「家族と一緒の時間を大切にしたい」
「晩御飯は毎日子供と一緒に食べたい」
「空いた時間で、自分の技術を生かしたい」

 

だったんですよね。

 

そんなオーナー様が
夜まで働く事になったら
逆に地獄でしょ!?

 

サロン経営者に襲い掛かるマウンティングに負けない!

ちょっと警告するようなことを
言っておきますと…。

 

オーナー同士のつながりは
別に悪いものだとは言わない。

 

SNSで目に入る情報が
全て悪いとは言わない。

 

ただ、あなた自身が
迷いが出るようなら
その指摘や意見は、
必要ありません。

 

ひとつ、私の体験談ですが
オーナー同士だって
ライバルです。

 

相手に対して、実績で
マウンティングをしようとしたり
することもあります。

 

「ええー、あなたは
暇でいいわね~。
私なんて、今日は予約
3件目よ~。」

なんて言ってくる人、いるよ。

セミナー講師は、すっごい
実績であおってくる。

 

「私が教えた生徒は、
既に毎月100万超える売上を
あげている人がたくさんいます。」

 

あなたがアドバイスをもらう人は
あなたが目標とするものを
成し遂げている先輩。

 

 

 

人の決めたゴールに
「目標が低い」とか
「仕事の姿勢がなってない。」とか

文句言う人っているんですよ。

 

しかも
このサロン業界・・・

以外と狭い世界で。。。

オーナー同士の見栄張りや
マウンティングは
ざらにあるんですよ。

 

そう思っていてください。

 

はっきり言って、Facebookで
「キラキラ起業家」的な感じを
かもし出している人が、
みんな稼いでいるわけじゃないよ。

 

どーぞ、あなたの人生に
とやかく言う人のことは無視して
あなたが幸せだと
思う道を歩いてください。

いいですか?

 

大切なので、
もう一度言いますね。

 

あなたは、あなたが決めたゴールに
向かって走ればいいんです。

 

誰に何と言われても
あなたがが幸せだったら
そのゴールは正しいんですよ。

 

いきなりゴールが決められない。そんな時はどうする?

サロン開業の目標を決める

ゴールは自分で決めていいんだ!

 

とわかったところで…。

 

それでも、ゴールが
決められない時って
ありますよね。

 

例えば、

 

「サロン経営は昔からの夢だった。

でも、今になって
結婚の話が急に進んできた。」

 

そんな時のゴールって
決められない。

 

「サロン経営を始めて、
少しお金が貯まったら
タイに留学してマッサージを勉強したい。

 

でも、私に出来るのかな。
そんなにお金貯まるかな。」

 

大きな夢はあるけど
「ゴール」と呼べるほどの
自信がない。

 

そんな時も、ゴールは
決められない。

 

迷いがあってもいい!
それでも、一度は
決めてみましょう。

 

その方が、あなたのサロン経営が
前に進みやすいです。

 

段階を追った目標を
決めてもいいですしね。

 

例えば、

「独立してサロン経営したいけど
結婚の話が出てきた。」

 

そんな場合、最初のゴールは

「夜の時間は家族と過ごす」
「お昼間の予約だけで、
月5万円を売り上げて
家計の足しにする。」

 

それが目標でもいいんです。

後々、お客様が増えて
忙しくなって来たら

「夜の営業の時間を増やす」
「遅くまで働いた時は
旦那様と外食デーにする。」

 

そんなゴールに返ればいい。

 

 

ちなみに、あなたが
オーナーなんだから
あなたが決めた目標は
何度変更したって、良いんですよ。

 

 

よく、

「一度決めた目標は
変更するべきではない。」

 

って思ってる人もいるし、

「目標は変えちゃダメ。」

って説教する輩もいるけど
目標は変えてOKです。
(きっぱり)

 

 

逆に、毎日忙しく予約いっぱいの
サロンを経営して
もっと稼ぐ気でいたけど
大恋愛してすぐに
結婚しちゃいました!

って幸せなオーナーがいました。

 

サロンは店舗から
自宅サロンにお引越し。

 

「あなたの自宅まで行くよ。」

って言ってくださるお客様だけの
接客に変更されて
今でも幸せそうですよ。

 

 

変更してもいいんです。

 

ただ、サロン開業するときには

「これこそ自分が理想!」

と思うサロン経営のゴールを
一旦は決めることです。

 

ゴールが決まらなければ
サロンの営業時間も
メニューの価格も
何にも決められませんから。

 

 

サロン経営の成功は思い願う事で実現するのか?

ここで少し、
話を変えまして。

 

あなたは

「思い願えばやがて実現する。」
とか
「引き寄せの法則」
とか

聞いたことがありますか?

 

あなたが目標を決めて

「これ、絶対出来る。」

と思えば、それは必ず
達成できるって話です。

 

 

この引き寄せの法則は
ウソじゃない。

 

私も実体験で
「思い願えば叶うんだ」

ってことを知りました。

 

あなたが思い願う事は
本当に実現します。

 

ただ、願いが叶うには
条件があるんです。

その条件とは、あなたが
「実現可能」と思う事。

あなたが
「実現したい。」

と思う事。

 

この2つが条件。

 

わかりやすく
例え話をしてみます。

 

あなたが今、東京にいるとします。

「明日の午前中までに大阪に着いていること。」

それがゴールだとします。

 

まず、あなたが
「大阪に行きたい!」と
思わなければ
大阪には行かないでしょう。

 

行きたければ、
行く方法を考えます。

 

まずは新幹線がある。
新幹線がダメでも飛行機がある。
飛行機がダメなら高速バスがある。

 

高速バスもダメ?

時間かけても電車で行くか。

友達にお願いして、車を
出してもらおうか。

手持ちのお金が少ないから
ヒッチハイクするか。

 

方法はたくさん出てきます。

 

結局、高速バスで行く方法を
選びました。

 

そして、あなたが高速バスで
大阪に向かう途中で
隣の席の男性と仲良くなりました。

 

「この男性と一緒に
横浜でデートしたいな。」

と思ったとします。

そして、男性を誘ってみたら
男性も横浜で降りることに
賛成してくれました。

 

 

そしたら、無理に大阪まで
行く必要ないでしょ?

 

元々、あなた自身が
「大阪に行きたい」と思って
進み始めた道のり。

 

その大阪までの道のりの途中で
他に行きたいところが出来たら

わざわざ大阪まで
行く必要ないですよね?

 

「いやいや、一度決めた事だから。」

って無理に大阪に向かうのって
ただの意地だったりする(笑)

 

サロン経営のゴールは

オーナーであるあなたが

「やりたいと思う事」
「やれると思う事」

この2つをクリアしているものを
まずはゴールとしたらいいですよ。

 

 

そして、決めていたゴール以上に
魅力的なゴールが見つかったら
いつでも変更可なんですよ。

 

 

「やりたい事」
「やれると思う事」

この2つをクリアしたものを
ゴールと決めると良いです。

 

 

そして、決めたゴールは
いつ変更するのも
あなたの自由です。

 

あなたの決めた経営のゴールがあなたを守る

この「ゴールを決める」ということには
もうひとつ、大きな
メリットがあるんです。

 

自分の軸がぶれなくなることです。

 

 

ここでも私の経験談から
ひとつ怖い体験談を…。

 

どんなに強い人でも
初めて起業したときには
たくさんの不安
予期せぬアクシデントに
襲われます。

 

 

私が開業したとき
私の周りには、たくさんの
起業家仲間がいました。

 

もちろん、素晴らしい仲間にも
たくさん出会いましたが

同じくらい
やたらと説教や指導をしてくる
迷惑な人たちもいたんです。

うるさいおっさん、
昔の上司、
起業家の先輩。

 

私が聞いてもいないのに
いろんなアドバイスを
してくるんですよ。

 

起業当時の私は、
そんな説教を聞くたびに
軸がずれてました。

 

「ちょっと値段が高すぎない?」
「このホームページ、写真はプロに撮ってもらったら?」
「社長としての意識が、低すぎるんじゃない?」

 

相手の考えを
ガンガン押し付けられて。

 

そして、疲れてました(*´Д`)

 

神経性の咳が止まらなくなって
神経内科に通うようになって
睡眠薬を飲まないと眠れなくなって。

 

いちいち人の言う事に
振り回されてました。

 

※上手なアドバイスのもらい方は
別の記事で解説しますね。

 

起業して、自分が
オーナーになったんだから
ゴールもルールも
誰かに言われる必要ないんですよね。

 

「その営業時間、中途半端じゃない?」
とか
「あなたの実力と経験じゃ
そんな大きな目標無理だよ」
とか

もう、うるせえよっ!
(*´Д`)

って感じです。

 

だから、オーナーである
あなた自身が

 

「私のゴールはこれ!」

と固く決めたものがあれば

そんなアドバイスに
迷わされることは
なくなります。

 

一度ゴールを決めて
何を言われても聞かない。

 

「売り上げ100万上げる以上に
私は余暇を大事にする
オーナーになるんです。」

 

ってキッパリ決めたら
売上実績自慢の
キラキラ起業女子のお茶会なんて
行く必要ない。

 

 

 

ちなみに私は、起業して7年。

経営の勉強会に行こうと
セミナーに参加しようと…

 

そのあとの懇親会とか
飲み会とかには
一度も行った事がありません。

最後に

自分の決めたゴールに
どうぞ自信を持ってください。

 

売上が高い方が
偉いわけではありません。

 

予約件数が多い方が
素晴らしいわけではありません。

 

自分が幸せであれば
それでよいのです。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA