脱毛するとワキガになるって本当?それとも治るの?

脱毛

「脱毛するとワキガになる。」という噂がある。

「脱毛するとワキガが改善する。」という人もいる。

ネット上で時々見かける脱毛とワキガの関係。

これから脱毛しようと考えている人にとって、とても気がかりで、本当のことを知りたいのではないでしょうか。

脱毛とワキガの関係についてまとめました。

脱毛するとワキガになるって本当?

結論からいうと、脱毛したからと言ってワキガになることはありません。

そしてワキガが改善されることもありません。

ただ私の個人的意見では、カミソリや毛抜きで脇毛の自己処理を続ける方がワキガにはよくないので、脇の脱毛をプロに任せることをオススメします。

 

脇のにおいの原因を知ろう

簡単にに人間の汗とワキガについて説明しますね。

人間の汗には2種類あり、汗腺(かんせん)というところから出ます。

1つめの汗は、メインで体温調節をするための汗で、エクリン汗腺というところから出ます。

2つめの汗は、脂質(脂分)やたんぱく質、糖質、アンモニアなどを含んだ汗でアポクリン汗腺というところから出ます。

ワキガの原因になるのは2つ目の汗、アポクリン汗腺から出る汗です。

脂質などを含んでいても、もともと臭いはないのですが、皮膚表面の常在菌と混ざり合う事で、においを発生するのです。

アポクリン汗腺は体の一部分にしかなく、主に脇、おへその下、デリケートゾーンなどにあって、毛穴と直結しています。

脱毛とワキガとは関係ない。

エステサロンやクリニックで行われている脱毛は、毛の黒いメラニン色素に反応します。

メラニン色素がレーザー、または光に反応して熱くなることで、毛根の組織を破壊し、毛が抜け落ちる仕組みです。

メラニンはレーザーや光に反応しますが、汗を出す汗腺はレーザー、光には反応しません。

ということで脱毛したらワキガになることはありません。

ただしワキガが治ることもないのです。

 

わき毛の自己処理はワキガの原因になるの?

毛抜きで抜く、カミソリで剃るといったわき毛の自己処理。

自己処理も直接ワキガの原因になることはありませんが、毛抜きで毛を抜くときにアポクリン汗腺は、かなり強い刺激を受けます。

刺激とワキガの関係を気にするなら、わき毛を抜く方が刺激は大きいですよ。

 

なぜ脱毛してワキガになったという口コミがあるの?

脱毛してワキガになることはありませんが、脇のにおいがきつくなったと感じる人がいるのは事実です。

もともとワキガではなかったのですが、出産した事と、光脱毛を始めてからワキガになった気がします。
出典:教えてgoo
最近全身脱毛を始めて2回施術が終わって少ししてから、
脇からワキガのような臭いがすることに気づきました。
出典:教えてgoo

ワキガの原因は遺伝がほとんど。

ただ食べ物や生活習慣、ホルモンバランスによって臭いが変化することはあります。

脱毛後にワキガになったと感じる人は、その他の事が原因でしょう。

また脱毛すると当たり前ですが、毛がなくなりますよね。

毛がなくなる分、脇汗をダイレクトに感じたりすることがありますので、脇汗の量が増えたと感じることも原因のひとつかもしれません。

どちらにしても脱毛して、ワキガにはなりませんので安心してください。

 

どうしても心配ならクリニックに相談

脱毛後、「ワキガのようなにおいがする。」と感じる人は10人中3人くらいいる、という意見も見かけました。

脱毛とワキガは関係ないといわれても、ご本人が「におう!」と感じてしまったら、心配になるのは理解できます。

どうしても心配であれば、医療脱毛のカウンセリングで一度相談されてはいかがでしょうか。

ワキガの治療を行う事もあるお医者様ですから、専門家としてご意見をくださいますよ。

もし、ワキガが恥ずかしくて脱毛を躊躇しているのなら心配しないで。

エステティシャンとして脱毛していたのでわかることですが、お客様はご自身の脇のにおいを非常に気にされ、恥ずかしがられます。

脇のにおいなんて、全然大丈夫ですよ。

エステティシャンの間で、ワキガの話題などしたことありません。

どうしても気になるなら、エステティシャンを指名できるお店を選ぶといいですよ。

毎回人が変わらなければ、緊張や不安は半減します。