自宅サロンだからって、その価格安すぎない?罠にはまらず価格設定しよう




 自分のサロンをオープンしたら
価格をどうしよう・・・

 

悩みますよね。

価格を決める時に
多くのオーナーが
ハマってしまう罠があります。

 

この罠にはまると
お値段を安く設定しがちで
結果的に、売上が
上がりにくくなるのです。

 

その罠とはなにか?

そして、
罠にはまらない方法を
ご紹介します。

サロンの価格が安すぎる原因はある一つの思い込み。

サロンメニューを
どのくらいの金額にするか。

 

金額設定については
私がコンサルタントをしていたころ
とっても多い質問でした。

 

ところで、
ホットペッパービューティや
アットコスメサロンを見ても

価格の安いサロンが
多くなりましたね。

 

中には、個人サロンの
大ベテランのオーナー様の
オールハンドのメニューすら

驚くほど安い時がある。

 

ええ、ええ、

私がここで苦言を呈して
よいのであれば
言わせてください。。。

 

「売り上げが上がらない。」
「金銭的に苦しい。」

その理由・・・

 

メニューが安すぎるから!

 

 

価格を安くするって
控えめに言っても
絶対に止めて欲しいこと。

 

あまりに安くしてしまうと

化粧品仕入れて
ちょっとした広告出したら
全然、手元にお金が残らないです。

 

予約が満員になれば
ようやくお金が残る。

そんな価格にしちゃダメです。

 

目指すサロンは
「予約が埋まらない。
 でも
 少ない予約でも
 お金は手元に残る。」

そんなサロンです。

理想のサロンの作るには
メニューの金額を
安くしないこと。

 

でもね、

なかなか高く出来ないんです。

 

私が

「このお値段だと
予約がかなり埋まらないと
赤字ですよ。」

とお伝えしても

「わかりしました!
値上げします。」

と言える人は、ほとんどいない。

 

「いやー、値段上げるのは無理ですね。」

だって・・・

答えは何だと思いますか?

 

「相場ですから」
  ↑
これなんです。
相場という罠にはまるんです。

相場ね、相場。

 

オーナーをまどわせる相場観て何!?

サロン価格の設定を間違う思い込み

「もう少し値上げしないと苦しいですよ…。」

とお伝えしたときに

「値上げは無理ですね、
 だって相場だから。」

というのは、実は
100%のオーナー様。

100人が100人共に
「相場、相場」と
言われるのです。

 

「いやいや、佐賀県の相場なんで。」
「でもこれが、岩手の相場なんで。」
「関西は安売り文化が相場なんで。」

 

もう、上げたらきりがない。

 

全国のいろんな
オーナー様とお話したけど
値上げ反対の理由は
「その土地の相場。」

 

 

ところで、相場ってなんなんですの!?

 

相場とは・・・

商品が取引される、その時その時の値段。市価。時価。比喩的に、ねうち。

 「―が決まっている」(いつも…だと、決まりきっている)

 

だそうです。

 

確かに、
銀座は値段が高そう。
四国は値段が安そう。
東京は値段が高そう。
山陰は値段が安そう。

 

そんな感じかしら。

確かに誰にでもある思い込み。

実際に、東京に住んでる私が
実家の田舎に帰ったら

「ええ!この値段で食べられるの?

 安―い」

 

と思う事も山ほどあります。

 

でもね、逆に

田舎と都会で
値段が同じものもあるし。

田舎の方がお値段高いものもあるよ。

 

銀座の一等地にある
マツモトキヨシと
全国のマツモトキヨシの
値段変わらないし。

 

銀座にある
「洋服の青山」も
値段は全国と変わらないし。

 

スターバックスのコーヒーは
広島県でも東京と同じだし。

山口県の有名なお酒
獺祭なんて、地元で買っても
めちゃめちゃ高いですよ。

 

そう、

サロンを黒字にしたいのなら

まず

相場を疑う勇気を持つこと。

 

相場にのみこまれない勇気を
持つ人だけが、黒字で生き残れる。

 

私は経験から、そう思います。

値上げをしたら売上が上がった!ある個人サロンのお話

サロンで値上げをしたら売上が上がった

ここで、実際にあった
話をひとつしましょう。

 

ある地方の個人サロン。

すごく恵まれた
場所にあるサロンでした。

 

なぜか・・・

売上が上がらない。

 

それもそのハズ。

よくある間違いに
漏れることなく

とにかく値段が安い。

 

オーナー様とお話しても
回答はやっぱり

「この地方の相場なんで…。」

 

しばらくは、そのまま
経営されていたのですが

いよいよ首が回らなくなってきた。

 

そこで、オーナー様。

男前になって

「どうせお店がつぶれるかもしれないから
 値上げしてみます!。」

という事で、値上げを実行しました。

 

もちろん、ただ値上げした
だけじゃないですよ。

 

じっくり考えて
メニューの名前や内容も
全部リニューアル。

結果的に値段は
1.5倍くらいになりました。

 

結果は・・・

売上上がったんですよ!

 

そりゃ簡単ですよね。

 

今までは、1件の予約で
10,000円の売上だった。

それが、1件の予約で
15,000円の売上になる。

2件入れば、プラス10,000円。

 

「ああー、相場じゃなかったね。」
「思い込みだったね。」

 

って話です。

 

お客様って
提供しているメニューの
価値がわかれば
ちゃんとお金払って
くれるんですよ。

 

もちろん、ただ値上げした
訳ではありませんよ。

 

正しい値上げの方法があるので
それを実行したのです。

正しい値上げの方法は
後々別の記事にまとめます。

それまで読者になっておいてね。

間違った相場観を訂正出来るのはリサーチだけ。

サロンのメニューはどのくらいの価格にするか悩む

あなたの相場観を
狂わせる原因の一つが
フリーペーパー。

 

オーナー様もよく言われます。

 

「最近は、ホットペッパーとかで
 安いサロンがいっぱいあるから
 皆そっちに行くんです。」

 

確かに。

気持ちはわかります。
だって、フリーペーパー
どうしても
目につきますよね。

ホットペッパーなんて
知らない人いないですよね。

 

 

でも

大丈夫ですよ。

フリーペーパーで
掲載されている値段が
あなたの地域の相場だと
思わない事です。

断言できます。
言い切れます。

 

私は、フリーペーパー使わず
高い値段で集客してました。

私、ガチで経験してるから、
知ってるんです。

 

そう!

フリーペーパーにはには
フリーペーパーの相場がある。

 

 

フリーペーパーには

掲載してから、
お客様が来店しやすい
標準となる価格には
きっちりと相場があります。

 

 

試しに

ホットペッパービューティで
東京の銀座のエステと
島根県松江のエステ。

 

値段比べてみてください。

 

みんなが言ってる
相場が正しいなら
銀座の方が、数倍も
高いはずでしょ。

 

でも・・・

2つの地域の値段比べてみたら
そんなに差はないんです。

 

若干、松江市のエステの方が
高いくらいかも(笑)

 

だから、

フリーペーパーの価格が
相場と思い込んではいけない。

 

※注
あなたがホットペッパーで
集客するつもりなら
金額は、ホットペッパーの
相場に合わせるべきですが。

 

相場って実はウソ。近隣のサロンの価格を調べてみた。

あなたのサロンの周辺のライバルを調べてみる

相場に惑わされないで!

と言いながらも
惑わされる気持ち
わかります。

 

私も惑わされたこと
何度もありましたから。

 

では、相場に惑わされないために
あなたのサロンの近くにある
ライバルサロンの値段を
調査してみましょう。

 

google、Yahooで
「あなたのサロンのターゲットエリア

あなたのサロンのサービス名」

で検索してみてください。

 

Googleはこちらから
Yahooはこちらから

 

例えば
「港区六本木 アロマ」とか
「福岡市南区 リラクゼーション」とか。

 

 

そして、同じようなサービスの値段、
書き出してみてください。

 

あなたが

「このサロンはライバルだな。」

と思うサロンを
少なくとも10店舗以上
チェックしてみてください。

 

そして、書き出してみましょう。

 

 

私も、サロンをやっていた頃
実際に近所のサロンの
値段を調べた事があります。

 

 

東京都23区。

私のサロンの最寄り駅から
徒歩10分以内の
サロンの値段を調べたものです。

 

ボディトリートメント60分のお値段。

A店→60分 12,000円
B店→60分 8,000円
C店→60分 6,000円
D店→60分 15,000円
E店→60分 5,800円
F店→60分 9,000円
G店→60分 5,500円
H店→60分 3,900円
I店→60分 7,000円
J店→60分 6,800円

 

ね、バラバラなんです。

 

一番安いサロンと
一番高いサロンを見てみる。

最低価格は、5,500円
最高価格は、15,000円。

 

10,000円も開きがあります。

 

ああ、相場って思い込みで
存在しないんだな、

ってことがわかります。

一緒に読むと役立つ記事

 

 あなたを罠に落とす親切な人達がいる

もうひとつ、気をつけるべき相手が

「相場」を押し付けてくる
相場怪獣なんです。

 

そう、

私たちの周りにいる
説教好きな目上の人のこと。

 

「そんなに高くて売れる~?」
「もうちょっと相場を考えたら?」

 

とアドバイスしてくる
先輩がたがいるんですよ。

 

もちろん親切で
言ってくれているのですが。

 

「安い方が売れる。」
「高いと売れない。」

という考えは
たくさんの人に浸透しているので
仕方がないのですが。

 

私がサロンを経営していた時
東京都23区の
タワーマンションも多い場所に
サロンがありました。

とっても良い立地でしたよ。

 

それでも

「銀座じゃないんだから。
相場より高いでしょ。」

って言ってくる人、
いっぱいいましたよ。

 

「高いと売れないよ。
 相場はもっと安いよ。」

という声に
流されないでください。

 

「相場」だと思い込んで
思考停止しないでくださいね。

私も最初は、相場だと思う込んで
60分7,000円という
金額にしていました。

 

相場を疑い始めてからは
少しずつ値上げをはじめて
最終的に60分15,000円まで
値上げしました。

 

上手な値上げの方法は
別の記事でまとめて
後々公開します!

それまで読者になっておいてね。

難しい話ばっかりで退屈だぜ!と思ったら

まとめ

 

まずは、相場を疑ってみてください。

そして、調べてみてください。

 

実は、相場が
存在しないことが
わかってきますよ。

おすすめ記事