エステサロンの売上を上げるのに新メニュー導入は逆効果です




サロンメニュー

売上を上げるため新メニューを作るのは実は逆効果です。

やみくもにメニューの数を増やしても、売上は上がるどころか下がってしまい、余計な出費もかかることになります。

メニューが増えれば、来る人も増えると考える方は多いのですが、なぜ逆効果なのでしょうか。

 

実際にあったメニュー増やしすぎの失敗

サロンのメニューを考えるのって難しい

売れないお店のメニューを見てみるとメニューが多すぎて、何のお店かわからない。

赤字が続いていたお店のメニューの実例です。

※お店は20店舗あるチェーン店。

ボディメニュー
スリミング
ハンドスリミング
セルライトケア(美容機器)
リラクゼーション
(それぞれ30分・60分・90分)
フェイシャルメニュー
ホワイトニング
アンチエイジング
しわ対策
(それぞれ30分・60分・90分)
マタニティメニュー
ボディ30・60・90分
クイックメニュー
リフレクソロジー
整体
オプション
毛穴吸引
デコルテのマッサージ
ヘッドマッサージ
トッピング
アロマオイル追加
毎月限定メニュー
毎月違うメニューが特別価格で

見ただけでも、一貫性がなくて何の専門家なのかわからないです。

エステティシャンに、売上のために整体を勉強させたそうです。

しかも売れるのは、月間限定メニューだけ!

数があっても売れるのは1つだけでした。

メニューの数の多さと利益、売り上げは全然比例しません。(きっぱり)

たくさんメニューを作っても売れるものは、少ししかありません。

お客様から見たメニュー多すぎサロンとは

お客様の立場になってみましょう。

たとえばカレーを無性に食べたい時、思い浮かぶのはカレー専門店。

わざわざファミレスを選ぶ人は少ないです。

ラーメンを食べたいと思った時も同じ。

ラーメン屋さんに行きますよね。

ここでもファミレスには行かない。

人は最初に、専門店を思い浮かべ、次に看板メニューを思い浮かべます。

メニューだけ増やしたエステサロンは、ファミレスのようなもの。

看板メニューもなく、専門店でもない。

 

もうひとつ、ハワイ旅行の前にガイドブックを買いに行くとします。

ハワイのガイドブックを買いますよね。

ハワイ特集が10ページくらい掲載された週刊誌とか、選ばないでしょ?

人は、はっきとした目的があると専門店を選びます。

専門店の方が圧倒的に信用できます。

メニューが多いと、専門店に見えない分、はっきりとした目的を持ったお客様を逃してしまいます。

ちょっと息抜き

 

メニューを増やせは出費も増える

新メニュー導入には費用もかかります。
使用する業務用品
チラシ

など。

メニューを増やして売上を上げようとするエステサロンには、使いきれない量の業務用化粧品があります。

フェイシャルの新メニューを作るたびに、使用する化粧品を新しくするお店もありました。

全くムダです。

日々の出費が簡単に減らせる?
クレジットカードの活用術はこちらから

大手サロンでも新メニューをしょっちゅうやっている

大手のチェーン店で新メニューを乱発するのは、目の前の売上をあげるためです。

ただチェーン店と個人店は規模が違います。

1種類業務用を増やしたところで、あっという間になくなります。

化粧品の仕入れコストも個人店より、大量に安く仕入れています。

メニュー作り専門の部署があれば、流行を取り入れる資金もあります。

個人規模のエステサロンが同じように新メニュー乱発で集客したら、あっという間に資金がなくなります。

個人店こそ少ないメニューで勝負するべき

メニューの数を増やす前に、まずは売れるメニュー、看板メニューをひとつ作ることです。

小さなエステサロンは専門店の方が商売は成功しやすいです。

たとえばアロマオイルを使って、全身オールハンドでトリートメントを極める。

60分、90分、120分、150分と時間を変えればこれだで4種類メニューが出来ます。

上半身集中
下半身集中
全身
全身+フェイシャル

と打ち出してもいい。

アロマオイルの種類は限定して2種類。

たとえばリラックスのラベンダーと、アンチエイジングのローズ。

リラックスアロマボディ×4種類。
アンチエイジングボディ×4種類。

この4種類でひたすら腕を磨き、確実にお客様からのリピートをとっていくようなサロンが一番長続きしますよ。

まとめ

ポイント 
メニューの多さと売上は比例しない。
メニューを増やせばお金もかかるので逆効果。
まずは看板メニューを作り、お客様の信頼を得る
タイトルとURLをコピーしました