今更聞けない!?エステサロン経営に必要な「ペルソナ」って何の事?




マーケティング

あなたが経営するサロンにお客様が来られた時

「こんなサロン探してたの!」

という感想を言ってほしくないですか?

来店されたお客様に確実に喜んでもらえる方法があるのです。

答えは、マーケティングでよく耳にする「ペルソナ」という方法を実践することです。

しかし、このペルソナ。

知ったところで実行していないサロンオーナーも多く、サロン経営の失敗につながっているケースも多いのです。

あなたのサロン経営成功に必要な「ペルソナ」を1から学びましょう。

「ペルソナ」という言葉を初めて聞く人にもわかりやすく解説します。

ペルソナって何!?今更聞けないマーケティング用語

どんなお客様に来てもらうとサロンは儲かるのか

マーケティング用語・ペルソナって何?

ペルソナとは、お客様となるを1人の具体的な人物像としてイメージすること。

たとえばあなたが小さな痩身専門エステサロンを経営するとします。

顧客のターゲットは30~50代の女性。

ペルソナは

40歳、独身の女性。OLでお給料は高め。痩せたいなとずっと思っているけど運動は食事制限は出来ない。平日の仕事後の時間を有効に使いたい。土日はゆっくりしたい。エステに通いたいけど、若い子が多く通っているようなサロンは嫌。

こんなふうに、1人の人物像を明確にしてこの人物像にあったサービスや商品を提供することを「ペルソナ」といいます。

わかっちゃいるけどなぜか出来ないペルソナ

「ペルソナ」はビジネスを失敗しないために大事だと言われるマーケティングの手法です。

ペルソナを知って、よし!やってみようと思った人は、この後説明するやり方であなたのサロンのペルソナを作っていきましょう。

ただ、ペルソナを聞いた時にほとんどの人がペルソナを絞れない。

ターゲット絞ると逆にお客様が減るんじゃないかと心配。

勇気がないままお客様のターゲットを広げたままサロンを経営してしまいます。

ペルソナを絞る事の成功例を紹介します。

サロン経営に限らず、ビジネスを始める時は

「たった一人のお客様に向かってビジネスを始める。」

というのが鉄則です。

それは自宅サロンのような小さなビジネスから大きなビジネスまで全て一緒です。

わかりやすい例をあげてみます。

あなたがコーヒーを買うとします。

もし、あなたが長いネイルにキレイなデザインをしていたら缶コーヒーを買わないですよね。

ネイルを傷つけないようにストローをさせば、飲めるようなコーヒーを選びませんか。

続いて、手が汚れるような仕事をしていた男性がコーヒーを買う場合を考えてみます。

そんな時は缶コーヒーの方が便利ですよね。

ストローの袋をあけてさしたりする方が飲み口が汚れてしまいそう。

この例え話でおわかりになりましたか?

コーヒーを売るときにはコーヒーの味の他にも「コーヒーを飲む人のライフスタイル」まで関係することがわかります。

もしあなたがコーヒーを販売する人だった場合、どんなに美味しいコーヒーをいれても、缶で販売したらきれいなネイルの人は買ってくれません。

缶コーヒーのペルソナは働く男性です。

爪のきれいな女性に飲んでもらうことを望んでいない商品です。

だから、缶コーヒーのCMは、どこのメーカーも男性がCMに出ていて仕事の場面が出てきますよね。

コーヒーのマーケティングは、ペルソナを明確にすることで、男性が仕事中に飲む缶コーヒーと爪のキレイな女性が飲むストロータイプとに容器をわけているのです。

もしコーヒーメーカーがペルソナを明確にしていなければ、すべてのコーヒーの容器が同じになってしまい、顧客を失っていたでしょう。

ペルソナだけに絞ってビジネスをすすめるのは最初は勇気がいる

サロン開業したらどんなお客様に来て欲しいか

ここで、もう一度コーヒーの話。

爪が折れる心配なく飲めるコーヒー
手軽に蓋をあけて飲めるコーヒー
買う人はまったく別の人。

2つの人物像をの満足を満たすには、2つの商品が必要ということですね。

資金があって大企業であるコーヒーメーカーは、何種類ものペルソナに向けた商品を開発し販売することは可能でしょう。

ひとつのメーカーが味や容器を変えて、何種類ものコーヒーを販売しています。

ですが、小さなサロンの経営者は違います。

コーヒーに例えたら、巨大メーカーではなく、町の喫茶店のコーヒー専門店です。

気軽にコンビニでコーヒーを買いたい人は顧客に出来ません。

顧客に出来ない=チャンスを捨てるのだと思い、怖くてほとんどのオーナー様が勇気がでない。

でも、やっぱりペルソナは搾らなくてはいけない。

「エステ開業したい!」

は、

「コーヒー売りたい」

と同じくらい漠然としている状態だと思ってください。

ここからひとつひとつ、ターゲットを絞っていきましょう。

顧客をしぼっていくときに勇気が出なくて9割以上の人がペルソナを作らないままサロンを経営しています。

ペルソナを明確にした時点で、残り1割の成功者になれるということですよ!

タイトルとURLをコピーしました