自宅・個人のサロン開業で重要な事|これだけは何があっても欠かしてはいけない




小さなサロンの経営において
何をさておいても

絶対に、絶対に、絶対に
一番大切にしないといけないもの。

 

それは何だと思いますか?

 

 

私は、明確な答えを
持っています。

 

何があっても
切らしてはだめ。

というものは何か。

 

そして、切らさずにすむ
方法はあるのでしょうか。

 

まとめています。

 

サロン経営で、絶対欠かしてはいけないものがひとつある。

小さなサロンの経営で
一番大切なもの。

なくしてはいけない物。

 

私は、明確にこれ!

と思っているものがあります。

 

いえ、

小さなサロンの
経営だけではありません。

 

個人事業主から
大企業「会社」と呼ばれるもの
全部に共通していると思っています。

 

 

絶対に欠かしてはいけないものです。

なくてはならないものです。

 

何が思いつきますか?

 

お客様でしょうか。
経営者の理念でしょうか。
素晴らしい技術でしょうか。
愛情こもった接客でしょうか。

 

お客様はとっても大切です。

でも、

例えゼロになっても
また作る事が出来ます。

 

 

では、大切なものとは

経営者の理念でしょうか。

経営者の理念が間違えば
ビジネスもダメになる。

理念は大事ですが
何度でも考え直せるものです。

じっくり立ち止まって
考える事も出来ます。

 

 

では、技術でしょうか。

技術もとても大事です。

でも、技術でもないのです。

 

だって、

もし、あなたの技術が
時代と共に
ありふれた技術になり
価値が落ちたとしても

新しい技術を学べば
復活出来ます。

 

接客も大事ですね。

でも、接客だって
学び直すことで
改善も出来るのです。

 

ということで。。。

経営理念も
技術も
接客も
お客様も

「絶対に欠かしてはいけない」

ものではなかったのです。

 

 

 

それよりも、それよりも

絶対に欠かしてはいけない物とは
なんでしょうか。

 

 

私が絶対に欠かしたらいけないと
思っているもの。

 

 

 

それは・・・

 

 

キャッシュです。
お金です。
現金です。

 

 

 

もちろん、
お客様も大事です。
社長の理念も人柄も大事です。

キャッシュと同じくらい
すっごい大事です。

大事なものは、
いっぱいあるんです。

 

 

でも、キャッシュだけは
一瞬でも尽きてしまうと
倒産・廃業になってしまいます。

 

尽きた瞬間、サロンが迎える末路とは

例えばですが、サロンに
100万円分の商品の在庫が
あるとします。

 

素晴らしい商品で、
リピーターもいます。

多分、2カ月後には
半分の50万が売れる予定です。

 

来月以降、金額にして
10万円分の予約が
入っているとします。

 

 

少し先になれば、
お金は入ってくる。

と、わかっていても

目先、支払わないといけない
お金を払う事が出来なくなると

それはそれは苦しい…。

 

 

サロンが維持できなくなった瞬間。

 

100万円分の在庫は
2度と売れることはなくなります。

 

先の予約が、入っていようと
お客様の来る場所が
消えてしまうのです。

 

実際に、「黒字倒産」って
言葉もあるくらい
キャッシュは大切なのです。

※黒字倒産とは…

黒字倒産とは、売上は上がっているのに手元にキャッシュがなく、借入金の返済や家賃の支払いができなくなり倒産すること。

 

心の中に「おっさん」を住まわせろ!

「売り上げは出ているのにキャッシュがない。」
「在庫があるのに、キャッシュがない。」

そんな状況を作らない事。

 

あと2か月すれば、
確実にお金が入る。

なのに、今目先の10万が
払えない。

 

そうやって倒産に追い込まれた
会社も知っています。

 

キャッシュだけは、
欠かしてはいけないのです。

 

キャッシュです。
現金です。
資金繰りです。
キャッシュフローです。

 

だから、このブログには

・お金の大切さ
・計算することの大切さ

この2つが、めいいっぱい
書いてあるんですよ。

 

 

私がそんな事を言うと

「血の通ってない冷血者」

みたいに呼ぶ人がいます。

 

特に女性の経営者の方からは
尊敬出来ない、とか言われて(笑)

 

女性経営者は特に
数字や計算に弱い。

強い人もいっぱいいますよ!

でも、男性経営者に比べると
数字が苦手な人が
多いのが女性です。

 

キャッシュの管理に強くないんです。

 

あなたがステキな
女性なのはわかっていますが

ここは、おっさんマインドを強化して
「キャッシュ」
の大切さを自分の中に
住まわせる事です。

 

サロンにとって大切なものを欠かさなくてすむ方法とは!?

キャッシュの大切さが
わかっていただけたかな・・?

 

ご理解頂けたと信じてます。

 

キャッシュを欠かさないためにも
どんどん手元に残すためにも
やるべきことがあります。

 

あなたのサロンに
きっちりとキャッシュが残る
方法をいくつかご紹介します。

 

方法その① 数値化する

経営者たるもの、

どんなことでも数値化してみよう!

 

そうです。

自分のサロンのこと、
とにかく数字で見る習慣を
つけることです。

 

数値化することが
日常になれば

経営者としての大きな成長。

 

・お客様の数を把握する。
・在庫の金額を把握する。
・売上をきちんと把握する。

 

自分のサロンですから、

ついついひいき目に
見てしまうんです。

採点が甘くなるんです。

 

自分のサロンは
出来がいいと思いたい。

 

「サロンを甘やかす」

という感情に勝つため、
全てを数字にして
ありのままを受け入れる。

 

これ大事です。

一緒に読むと役立つ記事

数値化することの大切さについてまとめた記事です。

あなたのサロンの実態を知るには、数字にするしかない!

 

 

方法その② 売上を見ない事

キャッシュを残すための
2つ目の方法です。

それは、、、

売上を見ない事。

 

( ,,`・ω・´)ンンン?んんんん?

 

キャッシュが大事なのに
売上を見るなって。。。

 

一瞬、バラバラな事を
言っているように
聞こえますね。

 

私が見て欲しいのは、
売上ではなく

・利益
・キャッシュフロー

この2つです。

 

利益について。

わかりやすく、
化粧品の売上で。

 

販売価格が10,000円の商品。

1個売れたら
売上10,000円ですね。

 

でも、商品を仕入れるのに
6,000円払っていたら
あなたが実際に手に出来るお金は
4,000円ということになる。

  ↑

手元に残る4,000円が
「利益」と呼ばれるもの。

※利益とは…

利すること。利得。得分。もうけ(儲け)。
利益を得るための活動を「営利」という。

 

こっちを見てください。

売上ではなくて、
利益を見てください。

 

「あ、10,000円売れたな。」
ではなく、

「あ、4,000円利益出たな。」
と理解して欲しいんです。

 

実際に、この利益から
家賃払ったり
生活費払ったりするんだから。

 

売上だけ見てると

「あれ、思ったよりお金ないな。」

って事になりがちです。

 

利益を重視してみてください。

 

 

キャッシュフローについて。

※キャッシュフローとは…

お金の流れのこと。 一定期間に流入するお金をキャッシュ・イン・フロー、流出するお金をキャッシュ・アウト・フローといい、両者を総称して「キャッシュフロー」という。

自分のサロンで
支払いに必要なお金と
入ってくるお金を
ちゃんと計算することが大事。

 

「毎月の支出くらい、わかってるよ。」

という声が
聞こえてきそうなので
抜けがちなところを
お伝えします。

 

支出は把握していても
収入をきちんと予想しない。

そんな人が多いです。

 

きちんとメニューを見ながら
計算してくださいね。

一緒に読むと役立つ記事

サロンの売上予測の仕方を詳しく書いた記事です。

サロンの売上を予測してみよう

 

 

もう一つ、抜けがちなのが
キャッシュフローが
悪くなりやすい
商品の在庫について。

 

商品を販売し、
在庫を持つと
キャッシュフローは
一気に悪くなります。

 

在庫として保管する商品は
使えない貯金のようなもの。

発注のために貯めておくお金も
使えない貯金のようなもの。

サロンに金額にして
いくらぶんの在庫があるのか。

発注にはいくら必要か
把握するようにしましょう。

 

一緒に読むと役立つ記事

在庫とお金の管理に役立つ話をまとめた記事です。

在庫の管理とお金の関係とは

 

大切なものを生み出してくれるサロンの資産

ここで、しっかりと
キャッシュを生み出してくれる
あなたのサロンにある
大切な資産のお話です。

 

あなたのサロンには
いろんな資産があります。

 

その中でも
一番限られていて
貴重で、大切な資源とは、

あなたの時間です。

 

増やすことも出来ない。
貯金する事も出来ない。

本当に限られたものです。

 

あなたの時間こそ
キャッシュを生み出す
資産だという事、
忘れないでくださいね。

 

おすすめ記事