サロン開業の準備|まず最初にやるべきこと【第一話】




自分だけのサロンを持ちたい。

 

そんな人に、まず最初に
読んで欲しい記事です。

 

サロンを開業したら
予約をいっぱいにして
繁盛しているお店にしたい。

 

そう願い、オーナー様は
サロン開業の一歩を踏み出します。

 

ただし! ビジネスですから
ここでやみくもに
サロンを開業しても
全然上手くいきません。

 

サロン開業が上手くいくには
開業前に何をするかで
大きく変わってくるのです。

 

それは、サロン開業を
夢見た瞬間から出来る
とてもシンプルな事。

 

 

私の体験談も含めて
紹介していきます。

 

サロン開業のしたいけど、何をしたらいいかわからない。

サロン開業するなら一番最初にやること

私は、18歳のときから
エステサロンで働き始めました。

 

会社勤務は楽しい事もありましたが
ノルマもあるし。
人間関係のトラブルもあるし。

 

エステティシャンとしての
キャリアを積めば積むほど

「自分のサロンを持ちたい」

という気持ちを
持つようになりました。

 

ただ・・・何をしたらいいか
何から始めたらいいか
全然わからないのです。

 

そんな時、偶然あるチャンスが
私にやってきます。

 

それは・・・

私の自宅近くで
「堀江貴文さんの講演」
が開かれることを知りました。

 

 

私が、起業したいと
考えていた当時は
2009年。

 

堀江貴文さんは
収監前でしたが、渦中の人。

 

ですが、若くして
ビジネスを成功したという
体験談を聞いてみたい。

 

しかも、その時の講演のテーマは
私のピッタリ!

 

「ゼロ。」

 

ゼロから何かを始めるという
テーマでした。

この時、サインをもらって
ボロボロになるまで
読んだ本は、これ。

そして、この講演をきっかけに
私はたくさんの起業家、
起業を目指す人々と
知り合う事になるのです。

 

実は、起業で最初にすることは、どの業界でも同じ

この堀江貴文さんの
講演を主催していた会社は
起業したい人達に向けて
いろんなセミナーを
行っている会社でした。

 

私は、度々セミナーに参加し
たくさんの仲間と
知り合いました。

 

女性に比べると
圧倒的に男性の方が
多かったかな。

 

 

起業を目指す業界も
いろいろです。

 

ネット起業を目指す人。
サロン開業を目指す人。
飲食店開業を目指す人。

 

そこで学んだことは、
業界は違っても
ビジネスを始める時に
まず最初にやることは
同じだったということです。

 

もちろん、サロン開業でも同じ。

最初にやるべきことが
あるのです。

 サロン開業で、真っ先にやるべき重要な事

前置きが長くなりましたが
さっそく具体的な
「やるべきこと」にはいります。

 

まず、あなたが開業したい
サロンについて
3つの事を想像してみるのです。

 

 

3つの事とは…。

 

■あなたのお店で何を売るのか?
■あなたのお店のお客様はどんな人なのか?
■あなたのお店のライバルに絶対負けないポイントとは?

 

この3つの事を考えてみる。

 

深く深く考えるのです。

 

実はこの3つを
じっくりと考えることは
サロン開業が成功する
大切であり重要な事。

 

また

重要で大切なのに
出来ている人が
あまりにも少ないのです。

 

どのくらい少ないかって!??

 

私がサロン開業をスタートして
4年後、店舗拡大し
年収3,000万を達成。

サロン開業のコンサルタントを
始めるなかで
数えきれないくらいの
サロンオーナー様と
お話する機会がありました。

 

その出会ったオーナー様の中で

■あなたのお店で何を売るのか?
■あなたのお店のお客様はどんな人なのか?
■あなたのお店のライバルに絶対負けないポイントとは?

この3つが明確にわかっていて
丁寧に説明出来たオーナー様は
2人しかいません。

 

 

もちろん、2人とも
サロン開業を大成功
されていました。

 

お一人の方は多店舗展開に成功。

 

もう一人の方は
看板も出さない小さなサロンで
口コミだけで、毎月90万の
売上を出されていました。

一緒に読むと役立つ記事

妄想してみよう!あなたのサロン

大切なので
もう一度書きますね。

①あなたのお店で売っているものは何ですか?

②あなたのお店のお客様はどんな人ですか?

③あなたのお店で他のサロンにはない!あなただけの特徴は何ですか?

 

さっそく、この3つを
妄想してみましょう。

 

妄想の段階ですから
自由に想像していいのです。

そして、想像したことを
ノートに書きだして
みてください。

 

私は・・・

こんな幸運を呼び込む
ノートを買って
自分の妄想をめいいっぱい
メモしていました。

 

あの時のメモは
今での私の宝物であって
ビジネスの基本です。

 

ここで、妄想がどこまで
具体的に出来るかどうかが
大切ですよ。

 

 9割のサロンオーナーがやってしまう大失敗

サロン開業するなら最初に何をする

ここで、サロンオーナーに
ありがちな間違いを
ご紹介します。

 

私の経験上、
99%のオーナーが
この間違いをしています。

 

それは、

この3つの質問の回答。

①あなたのお店で売っているものは何ですか?

②あなたのお店のお客様はどんな人ですか?

③あなたのお店で他のサロンにはない!あなただけの特徴は何ですか?

 

この質問が、アバウトすぎる事。
ザックリし過ぎていること。

 

アバウトすぎて

「こんなサロン行ってみたい!」

 

と思ってもらえるどころか

 

「え!? そんなん
どこにでもあるから
わざわざ行かなくても・・・」

 

と思われてしまうのです。

 

 

例えば・・・

 

ー私
「あなたのサロンには、
どんなお客様が
来られるんですか?」

と聞きます。

 

ほとんどのオーナー様の
最初の答えは・・・

 

ーオーナー様
「本気で痩せたい人です。」

 

という回答です。

 

この時点でNG。

 

オーナーでありながら
自分のサロンの事が
全然わかっていない、

 

という事になります。

 

「絶対に痩せたい」
「本気で痩せたい」

 

のであれば

ライザップでもいい。
スポーツジムでもいい。
ダイエットサプリだっていい。
マイクロダイエットでもいい。
断食だっていいじゃない。

 

そうやって付け加えると

あわててオーナー様は

「本気で痩せたいけど、
運動が続かない人。」

と付け加える。

 

よし! 第一段OK!

ここでひとつ具体的になった。

 

あなたのサロンが
「痩せたいけど運動が苦手」
な人なのであれば

ライザップや
スポーツジムとは
差別化が図れる。

 

でも、まだライバルは
残っているんです。

 

「マイクロダイエット」
「断食で痩せる」

と思っている人は
運動が苦手でも良いでしょ。

 

 

そうすると、オーナーは
またまた付け加えてくる。

 

「痩せたいけど、運動も出来ないし
食事制限も出来ない人。」

 

ここで更に具体的に
なりましたね。

 

これでまた、一歩前進。

 

 

「本気で痩せたいけど
運動もしたくない人。

食事制限も出来ない人。」

 

ここまで来ると
マイクロダイエットも断食も
あなたのサロンにとって
ライバルではなくなるんです。

 

 

 

こうして一つ一つ、
具体的にしていけば

あなたのサロンが
出来上がるという訳です。

第二話で詳しく説明してますから、次に読んでね。

何度も言いますが

①あなたのお店で売っているものは何ですか?

②あなたのお店のお客様はどんな人ですか?

③あなたのお店で他のサロンにはない!あなただけの特徴は何ですか

 

この3つの質問に
90%以上のオーナーが
答えられません。

 

ここで、あなたが
具体的にしておくだけで
スタート時点から

大繁盛サロンの
成功の一歩を踏み出すのです。

一緒に読むと役立つ記事

まとめ

これから、このブログの中で

①あなたのお店で売っているものは何ですか?

②あなたのお店のお客様はどんな人ですか?

③あなたのお店で他のサロンにはない!あなただけの特徴は何ですか?

の3つの質問について
具体的にしていく方法を
ひとつひとつ解説していきます。

 

 

考えることに慣れないうちは
頭から煙が出そうになります。

 

集中力も続かなくなります。

 

それでも少しづつ
進めていきましょう。

 

最初にじっくり考えておくと
あなたの思考が
財産になります。

 

のちのち決めていく
サロンのメニューから
価格設定、
売るべき商品や
集客にまで
全てつながっていくことに
なるのです。

 

 

独立し、サロン開業を
成功させることは
楽な事ではありません。

 

会社に勤務していたときには
使わなかった頭脳を
フル回転させることになります。

 

脳みそも鍛えれば
どんどん強くなります。

 

まずは、楽しく未来を
妄想しながら
サロン開業を成功させましょう。

 

第二話は、お客様はどんな人ですか?

についてです。

おすすめ記事